PADIダイビングショップ アリエス

DIVINGSHOP ALIES

〒151-0071 東京都渋谷区本町6-37-8 渡辺ビル1F

営業時間:12:00~20:00   定休日 : 木曜日

ダイビングのお問合わせはこちらへ

お問い合わせフォーム

留守番電話になった場合はお問い合わせフォームよりご連絡ください

03-6276-5758

 神子元ダイビングツアーのスキルレベル

神子元のダイビングツアーに参加したいです。

どの位のダイビングスキルが必要ですか?

日本屈指の大物ダイビングポイント神子元では、ハンマーヘッドを筆頭に迫力のある光景が楽しめます!

潜るためにはいくつかの要素が必要になるのでそれをご説明します(^^)/

神子元ダイビングに必要なスキルとは?

日本屈指のハンマーヘッドシャークが見られる海!

世界でも数少ない
ハンマーヘッドシャークが群れる海

大物派のダイバーであれば、ぜひ潜って欲しい神子元。

 

夏から秋にかけて現れるハンマーヘッドシャークの大群

日本で狙えるのは冬の与那国と夏の神子元だけ。

世界の中でも数少ない海。

 

他にもマグロのようなカンパチの大群、視界を覆い尽くすワラサ、トビエイ、カメ、クエ、時にはマダラトビエイやマンボウ、ジンベイやクジラまで現れたこともある驚愕のポイント

 

定番のイサキやタカベの群れだけでも、他では見られない魚影の濃さ。

 

そんな海にたった一日あれば行けます!

 

しかし、アリエスでは与那国やトカラなど難しいと言われる海にも行きますが、その中でもっとも難易度が高いと位置づけているのが神子元。

 

強く複雑な流れ以外にも、様々なスキルが要求されます。

ただダイビングが上手なだけでは満足に潜れません。

 

どんなスキルが必要なのか?

順番にご説明します。

 

< 目 次 > 各項目をクリックするとジャンプします

1. 目安となる経験本数は?

2. 最低限必要なのが基本ダイビングスキル

3. ドリフトダイビングの知識があること

4.バディとチーム意識を持たなければ潜れない

5. 時には体力が必要

6. メンタルが弱い人は潜れない

7. 陸でも海でもスピードが要求される

. 神子元を潜ればダイビングレベルが上がる!

1. 目安となる経験本数は?

南伊豆神子元島の灯台

神子元島の灯台

目安として神子元でダイビングをするには、どの位の経験本数が必要なのでしょうか?

 

現地ダイビングサービスのガイドラインでは「最低30本」となっています。

 

しかし、よく神子元で潜っているダイバーの方は口を揃えて「そんな本数で、まともに潜れるわけがない!」と言います。

 

現地ダイビングサービスはガイド(案内)が主な仕事なので「ガイドの力で潜ってもらい、楽しんでもらう」

私はインストラクター(指導員)なので「ゲストが自分の力で潜れる実力をつけてもらう」という違いがあります。

 

アリエスで目安としている経験本数は80本。

実際はこれでも人によってはギリギリで、200本潜っていても参加して頂かないゲストもいました。

 

多くの難しいと言われるダイビングポイントで同じですが、本数はあくまでも目安。

実力で判断となります。

2. 最低限必要なのが基本ダイビングスキル

神子元でダイビングする最低条件

最低限必要な基本ダイビングスキル

大前提として必要になるのが基本ダイビングスキルが身についていること。

 

基本ダイビングスキルとは、

 

・ セッティング、装着、セルフ(バディ)チェックが完璧に出来る。

・ 潜降や浮上がスムーズに出来、中性浮力が取れる。

・ 残圧やNDLの自己管理が出来る。

 

この辺りの事が出来ていない場合には、他のダイビングポイントで練習をしてクリアする必要があります。

 

< 関連ページ >

☆ 中性浮力の上達方法

☆ ドライスーツダイビングの上達方法

 

3. ドリフトダイビングの知識があること

神子元のダイビングで必要なドリフトの知識

ドリフトダイビングの知識を身につける

神子元で行われるのは全てドリフトダイビング。

 

色々なダイビングスタイルの中でも、もっともスキルの差が出やすいダイビング。

 

例えば中性浮力が上手く取れず、体が少し立ってしまっているダイバー。

 

通常のダイビングでは支障がなくても、ドリフトでは水の抵抗が増え、疲れが大きくなる、呼吸が荒くなる、一人だけドリフトする速度が違ってしまうことなどが起こります。

 

ドリフトには通常のダイビングでは使わない知識が必要となりますので、神子元で講習をすることも出来ますし、他のダイビングポイントで受講してから参加する事もできます(^^)

 

< 関連ページ >ドリフトダイビング・スペシャリティー

4. バディとチーム意識を持たなければ潜れない

神子元ダイビングではバディとチーム意識が必要になる

グループ意識をしっかり持つ

少し上達したダイバーにありがちな行動が、自分勝手に動いてしまうというもの。

 

「少し離れてもガイドをちゃんと見ているし、いつでも戻れるから大丈夫!」とばかりに、あっちこっち動き回ります。

 

通常のダイビングポイントでは許されても、ドリフトでは絶対にNG。

 

深度によって流れの速さが違うことがあるので、潜降、浮上時、泳いでいる時も常に深度を全員で合わせる事が必要。

 

耳抜きが出来ないダイバーがいれば、その人に高さを合わせる事になります。

 

< 関連ページ >インストラクターが考える本当の上級者ダイバーとは?

5. 時には体力が必要

神子元でブン流れの中ダイビング!

激しい流れが出ることもある

ドリフトダイビングは「潮に乗って流されるので楽」と言われることがありますが、常に流されているばかりとは限りません。

 

神子元のダイビングの難しさのひとつが、流れの速さ以外に複雑さがあります。

 

パラオや与那国といったドリフトダイビングのポイントでは流れが強くても根が大きいため、極端に複雑な流れにはなりません。

 

伊豆の中ではかなり巨大な根が連なる神子元でも、多くの岩礁があるせいで複雑な流れになることもよくあります。

 

時には延々と流れに逆らって泳いだり、岩に掴まりながら前進をしたり。

 

時にはダウンカレントにはまって、全力でフィンキックをしたり。

 

ハンマーヘッドシャークが出た時には、体力がなくなりそうになるまで泳いだり。

 

サメが出た時には心地よい疲れです(*^^*)

6. メンタルが弱い人は潜れない

神子元のダイビングでは高い波もある

外洋でのダイビング 波が高い時もある

「他のダイビングポイントではスムーズに潜降が出来るのに、神子元に来ると出来なくなる‥」

 

こんな方がよくいます。

 

それは雰囲気にのまれてしまって、普段出来ている事が出来なくなってしまっているから。

 

まず、他のポイントではありえないほど陸地から離れた外洋でのダイビングで、目の前にあるのは灯台のある壁が切り立った島だけで、陸地はかなり離れたところに。

 

日本のダイビング船では最大級で、リフトでエキジット出来る海遊社の290(福丸)は、かなり高い波でも出船をする。

 

私がダイビングで見た中でも最高に波が高かったのが神子元。

「えっ、本当にこの波で潜るんだ?」と思いました。

その時はチャックを閉めたボートコートのポケットに入れていた携帯が水没してました…。

あのでかい福丸で、どんだけ波をかぶってたんだ( ゚Д゚)

 

そして、トップシーズンともなれば30人も40人ものダイバーが一斉にエントリー!

 

中には「この瞬間が好き!」という方もいますが、「この緊張感が苦手‥」というゲストの方もいます。

7. 陸でも海でもスピードが要求される

神子元ダイビングサービス海遊社の290

日本最大級のダイビング船

チーム単位で動けるダイビングポイントと違い、神子元では船一隻単位で動きます。

 

前に出船しているダイビングチームとの入れ替わり、

器材を装着してエントリー口に全員集合する、

時には大波でグラングランに揺れながら、誰の手伝いもなく一人で器材を装着しなければいけません。

 

器材を背負う段階でエア漏れやセッティングミスがあり、自分一人が遅れれば、全員を待たせてしまう。

 

セッティングミスの場所によっては致命的ですので、全ての準備が1つのミスもなく出来ることが重要。

 

また水中ではハンマーや大物が出れば猛ダッシュを繰り返す。

 

こんな感じですので、あんまりのんびりやさんには向かないポイントです(^_^)

8. 神子元を潜ればダイビングレベルが上がる!

神子元ハンマーヘッドシャークの大群

伊豆で出会える
ハンマーヘッドシャークの大群!

潜れるダイバーが限られる神子元ですが、アリエスでは大物派以外に、普段はマクロが好きな方にも潜れるようになって欲しいと思っています。

 

それは「難しい海に潜ったほうがダイバーのレベルが上がる」から。

 

どんなに優しい海に沢山潜っても、スキル的な向上には限界があります。

 

自分のレベルを上げておけば、優しい海に潜った時でも、そのスキルは役立ちます。

 

また、大物派のダイバーであれば、難しいコンディションの神子元を満足に潜れるようになれば、大抵のダイビングポイントで潜れるのではないかと思います。

 

「ちょっと心配」という方も、いつもハードなコンディションの時ばかりではないので、「伊豆にこんな凄いスポットがある」というのを知ってもらいに、ぜひダイビングして頂きたいと思います(^^)/

その他のメニュー

ファンダイビングで自然に上達できることなど、10の特長とサービスをご紹介。

ダイビングツアーの様子等は、こちらをご覧ください。

インストラクターから見る、本当の上級者ダイバーをご紹介しています。

お問合せはこちら

お気軽にお問い合わせください

03-6276-5758

電話受付時間:12:00~20:00(お問い合わせフォームは24時間受付)

*留守番電話になりましたら、お問い合わせフォームよりご連絡頂くと、早めに返信出来るかと思います

定休日:木曜日